KDX125SR 復活のへの道 エンジン編(1)

0

    みなさん、こんにちは!!

    前回の続きです

     

    縁がありやってきたKDX125SR

    整備をして乗りたいと思い

    営業時間終了後にコツコツと

    やり始めました

     

     

    とりあえず、エンジン始動をしようと

    キックをするも、始動しません

    歯を食いしばり

    渾身の鬼キックで

    何とか、始動しましたが

    真っ白な煙を吐きながら

    2ストらしい排気音が・・・ん?

    そこそこ、大きな異音が気になる

     

    もともとKDX125SRは

    エンジンのノイズがあるのですが

    ちょっと、音が大きいので

    やったー!!

    エンジン分解!!決定!!

     

     

    まずは外装をちゃちゃっと

    外しちゃいます

    サクサクっとマフラーなど

    外しちゃいます

     

     

    クーラントを抜いて

    KIPSのレバー外して

    シリンダーを取り外し

    やっぱり2スト整備性が抜群

     

     

    シリンダー外してピストン登場!!

    消耗はしていますが

    焼けはなさそうです

    ピストンは交換で決定!!

     

     

    シリンダーがこちら

    焼けは無いのですが

    メッキが剥がれ

    消耗がひどいです

     

    白くなっている箇所は

    メッキが剥がれアルミがむき出しに

    なっています

    下死点付近では明らかな消耗があります

     

    メッキシリンダーは耐久性が高いはずなのですが

    KDXのメッキシリンダーって

    なぜか、消耗が早いんです

     

    シリンダー交換?・・・する?

    部品は、まだ入手可能です

    新品交換するかor再メッキ処理をするか

    悩みます

    値段はあまりかわらないしなぁ

    再メッキ処理のほうが

    メッキの耐久性が上がる事を期待して

    今回は再メッキ処理をする事にしました

    再メッキは専門業者へ依頼しました

    仕上がりまで4〜5週間

    その間に 他の作業をすすめます



    次へ続きます


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.06.05 Wednesday
      • -
      • 00:23
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM